コラム |幼児教室のEQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミーかすが教室

コラム

COLUMN

たかみ先生 コラム

かすが教室・教室責任者のたかみ先生のコラムです。随時更新していきます。

コラム 1感謝

「たかみ先生、先生はレッスンが大好きでしょ?」いつもたくさんのお母さま、お父さまから聞かれます。「はい!途轍もなく大好きです!」いつも全力で答えます(*^_^*)

嬉しいなぁと心から思いながら…そう、“EQWEL”(イクウェル)この教育に出逢っていなかったら…きっと、こんなに大変な思いをすることはなかっただろう。そして、こんなに毎日がワクワクして、楽しくて、嬉しくて、こんなに充実した幸せな毎日を送ることもなかったに違いない。それほどこの教育に出逢えたことに感謝している。

ということは…わが娘に感謝しなくては。彼女がいなければ、きっと一生この教育にめぐり会うことはなかったのだ。そして姉にも感謝しなければ…

私がまだ子どもがいなかったころ、実家に帰ると所狭しと息子たちのための教材が置いてあった。積み木や絵本はもちろん、フラッシュカードには日本地理、世界地理、歴史人物、世界遺産、絵画、俳句、四則計算、ドッツまでありとあらゆるジャンルのものがあった。姉の息子たちは、それを、見たり触ったり、真似をしたり、カルタのように遊んだりと、教材と言うよりは、他のおもちゃと同じように遊んでいた。感動した。超ラッキーとも思った。私は、子どもができる前にこの世界を知ることができたのだ。それからしばらくして、ありがたく子どもを授かった。もれなくすべての教材のおさがりもいただいた。よっし!やるぞ!ん?なんだかやりかたがわからない。これでいいのかな?こうかな?私がイメージしたようにはいかなかった。

ここでまた「感謝」が訪れる。EQWEL(イクウェル)には教室があるということを広告で見つけたのだ。これしかない!」早速、無料の体験レッスンを予約し、めでたく入室♪わが娘は、0歳から小学6年を卒業するまで12年間お世話になりました。そして、私はと言うと…わが娘が4歳になった7月1日、このかすが教室を開校した。

この教育を知って子育てをするのと、知らずに子育てをするのでは、親の子育てに対するストレス度が違う。私たち人間は、一昔前までは、生きるために生活をしてきた。でも今は、自分たちが心地よく生活をするために、環境を変え、物が溢れ、その結果、ストレスという副作用まで生み出してしまった。

これから社会に出ていく子どもたちは、この生きにくい社会の中で、どれだけ自分自身の足で前に進んでいけるかがとても大切になってくる。AI世代になればなおさらである。

EQWELチャイルドアカデミー かすが教室

TEL:092-593-1170

無料体験レッスン実施中

EQWELチャイルドアカデミーを体験するチャンス!

top